ART WORKS

【わくわく親子講座】

子どもの五感をたっぷり刺激する、“ アート×あそび ” シリーズ。

4回目となる今回は特別バージョン!家族みんなで「野菜」を使って楽しみます!



いろいろな野菜を見たり、触ったり、剥いたり。

お母さんといっしょに、包丁にもチャレンジ!

いろんな形に切った野菜に、絵のぐをぺたぺた。

きれいに切り取って、のりでぺたんぺたん!

野菜の名前もいっしょに貼りましょう。

コラージュ作品が出来上がりました。


ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

【わくわく親子講座】

子どもの五感をたっぷり刺激する、“ アート×あそび ” シリーズ。

3回目となる今回のテーマは「絵の具」でした。

日頃、おうちではなかなか遊べない「絵の具」を存分に楽しみます!

手や足をつかうのはもちろん、ボールやスポンジなど

さまざまな素材と絵具を組み合わせて、手触りや形を楽しみました。

思いっきり楽しめたかな?



ご参加いただきました皆様ありがとうございました。



すでに、次回の講座も決定しています。

詳細は下記のリンクよりご覧ください。

【わくわく親子講座】

子どもの五感をたっぷり刺激する、“ アート×あそび ” シリーズ。

2回目となる今回のテーマは「身近な素材」でした。


マスキングテープ を使って、広いお部屋で楽しみます!

びよーーーーんと のびて、 ちょっぴり ねっちょりして、 カラフル。

マスキングテープのやさしい質感、ひっぱったり、ちぎったり、のばしたりする感覚。

なんだか、ふしぎだね。でも、たのしいね。


床にぺたぺた 線になる

つなげたら 大好きな “くるま” になる 

丸めたら おやおや “くるまのタイヤ” のできあがり!


きれいなトンネルになったり…

ぺたっとくっついたり…

おかあさんとおそろいの髪飾りになったり…


おさかなつりもできちゃう!


目と 手と カラダを たっくさん使って

 心も いっぱい ドキドキ わくわく!


ご参加いただきました皆様ありがとうございました。 

迷路絵本シリーズで大人気の香川元太郎先生とワークショップを行いました。

みんなの迷路を組み合わせて、巨大迷路つくり!!

会場となる、子ども情報センター2階の研修室にはずらりと机とイスが並びました。

前のほうにはスクリーンも!どんなワークショップになるのか今から楽しみです!


いよいよスタート!

まずはスクリーンにこんなめいろが映し出されました。

実はこれ、参加者みなさんの席に一枚ずつ配られている迷路の映像です。

大きなハートが印象的なこのめいろ。

香川さんと一緒にこのめいろを見ながら、

めいろのしくみ・隠されたパーツなど

めいろづくりのポイントについてお話を聞いていきます。

さて、この迷路の中にとっても小さなハートがあります、どれでしょう??

子どもたちはみんな元気に挙手!!ゆっくりとみんなで考えながら理解を深めます。



さて、いよいよ迷路つくりのスタートです!

一人、1枚ずつ用紙が配られます。

見てみると、スタートの位置とゴールの位置が描きこまれてる!


そうなんです、みんなはぞれぞれ違った場所にスタートとゴールが決められた画用紙に、自分だけのオリジナルのめいろをつくりあげていくのです。

真剣なまなざしです。


さっきのハートの迷路で、香川さんに教えてもらった隠し絵を入れ込むポイントや、めいろの道幅などなど、ちょっとしたコツを思い出しながら、みんな一生懸命に自分だけの迷路を描きあげていきます。


さて、いよいよみんなの迷路も完成!どんな巨大迷路ができあがるのか?!

画用紙の裏に割り振られた数字の順に、スタートの位置から画用紙を貼り付けていきます。

おっ・・・つながってきたぞーーー!!!

《迷路の国》

ってかいてある!!

さて、全部貼り終えたところで、みんなで迷路の前に集合!

香川さんと一緒に、迷路の国を巡る旅へ出発☆

ゆっくりめいろをたどりながら、「ここはきっと何かが隠れていそうだね・・・」「おっと、分かれ道・・・こっちが正解かな?」などなどじっくり進んできます。

めいろを描いた本人による解説も聞きながら、みんなでひとつずつ迷路を進み・・・


ついに、

 ☆ ゴール!! ☆


楽しかった~!!!



参加者のみんなと、迷路の国をバックに記念撮影!!

世界に一つだけの巨大迷路の国ですね。

ご参加いただき、ありがとうございました。

【わくわく親子講座】

子どもの五感をたっぷり刺激する、“ アート×あそび ” シリーズ。

テーマは「光と影」! 光を通してみる不思議な世界を体験しました。


子どもたちはからだ全部をつかって、楽しみました。

光と影が織りなす、ふしぎな空間。

視線はスクリーンと手をいったりきたり。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。